【妊活】不妊治療を始める前に飲むべきサプリメントは?

こんにちわ。

絶賛妊活中の薬剤師OLです。

今日は、今まで飲んできたサプリメントで妊活中に絶対必須!効果があったな、というサプリメント類について紹介していきたいと思います。メジャーなものからマニアックなものまで。

これから妊活する、体外受精する!とい方は先立ってサプリメントを飲んでおくと時間も無駄にならず良いのではないかな、と思います。

薬剤師OL

妊活中に飲むべきサプリメント

サプリメントについては色々と試しましたが、妊活に必要だな!と思い今でも続けているのはこちらのサプリメント達です。

妊活必見!すぐにでもはじめたいサプリメント

妊活中に飲むべきサプリメント

・漢方薬(煎じ薬・丸剤)

・葉酸

・亜鉛

・ビタミンD

・ビタミンE

・乳酸菌(私が飲んでいるのはフェミラクト)

・還元型コエンザイムQ10

漢方薬 亀鹿二仙丸

私は、だんっとつで漢方薬だと思います。

正直、もっと早くに始めていれば良かったとめちゃめちゃ後悔してます。

漢方薬は煎じ薬を飲んでいます。これは、本当に続けたことで効果が出ているので本当に良かったと思っています。

詳しくは以下の記事で書いています。

空砲、胚盤胞に育たない低AMHが漢方薬を始めたところ胚盤胞へ!②漢方薬局編

そしてその中でも、亀鹿二仙丸はとっても重要な漢方です。

煎じ薬は値段や手間を考えるとハードルが高いと思いますが、丸剤顆粒のものならお手軽に始められます。

この亀鹿二仙丸は「腎」を補う動物性の漢方になります。

東洋医学で「腎」とは西洋医学の腎臓とは少し異なります。

ホルモンや泌尿器系、生殖器系、免疫系の働き全般を指し、生命の根源となる機能のことです。

生命エネルギーの源を貯蔵し、成長、発育、生殖の基礎となったりします。

なので、不妊治療においてこの「補腎」腎を補うことは非常に重要になり、自身の生殖機能を高めることとなります。

腎を補うことにより、しっかりと卵胞が育ったり、質の良い卵子が取れるようになってくると考えれています。男性の精子の質も改善されるといわれています。

補腎薬には植物性のものと、動物性のものとがありますが、亀や鹿、トナカイなどが入った動物性のものがより好ましいと考えられているようです。

私は亀鹿二仙丸を飲んでいます。飲み始めてから胚盤胞まで分割が進むようになりました。

完全に漢方の力かは分かりませんが、効果が出ているのが明らかなので、これからも絶対に続けて行こうと思います。

正直、体外受精を始める前から飲んでいれば良かったな、と言うのが唯一の後悔です。。

近くに専門の漢方薬局がないと言う方にネットでも補腎薬が扱われています。↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

亀鹿二仙丸 360粒/袋
価格:16200円(税込、送料別) (2021/1/27時点)

楽天で購入

 

 

葉酸

妊活中に絶対必要な栄養素である葉酸

葉酸とはビタミンB郡の一種で、DNAやRNAやたんぱく質の生合成を促進する栄養素です。細胞を作るのを助け、赤ちゃんの発育に役立ちます。細胞が分裂したり成熟するのに関わるので、胎児にとってはとても重要な成分なのです。

妊娠が発覚する前から葉酸をとることにより、赤ちゃんの脳や脊髄の発達異常であり「神経管閉鎖障害」のリスクを減らすことができるとされています。

妊娠1ヵ月以上前から摂取しましょう

妊娠初期は赤ちゃんの神経系など細胞を作る時期のためとても重要な時期です。

7週頃というとやっと妊娠がわかる頃なのですが、先天異常は妊娠7週間頃までに起きるます。

なので、妊娠がわかる前から葉酸を十分にとっておくことがとても重要なのです。

おすすめの葉酸はこちら。妊活中に不足しがちなカルシウム、葉酸、鉄分、7種のビタミンB群を配合され一度にとれるのがいいですよね。

亜鉛

受精卵の細胞分裂を促す亜鉛

亜鉛には、細胞分裂を促す作用や粘膜をつくる作用があります。
受精卵は細胞分裂を繰り返し胚盤胞になり、その後着床します。その細胞分裂を促すのが亜鉛です。妊娠後期に亜鉛不足だと、赤ちゃんに「低体重」・「低身長」・「皮膚が弱くなる」という影響がでると言われています。

また、亜鉛は精子に多く含まれているため、男性には必須の栄養素です。妊活中のご夫婦は是非旦那さんには亜鉛のサプリメントを摂ってもらいたいところです。

ビタミンD

妊娠に必要なビタミンD

ビタミンDには、子宮内膜の環境を整える着床に必要な栄養素です。ビタミンDが不足すると着床しにくくなり、胎盤の形成が不十分になるという報告が近年なされています。

また、子宮内膜症や多嚢胞卵巣症候群といった不妊症の原因の1つとなる病気を持つ人は、血液中のビタミンDの濃度が低いと言われています。体外受精を行っても、ビタミンDが十分高い人のほうが、ビタミンDが足りない人比較と比較して出生率が高いことが報告されています。

ビタミンDには以下の報告があり、妊活には絶対に欠かせない栄養素なのです。

  • 40歳以上の女性では血中ビタミンD濃度が高いほどAMH(卵巣予備能)が高い
  • 血中ビタミンDの濃度が高いほど体外受精の妊娠率が上昇
  • 習慣流産のリスクを下げる
ビタミンDを補充する

日本人は海外に比較してビタミンDが不足していると言われています。なので、妊娠を望む場合必要なビタミンDを補充する必要があります。

現に、私もリプロ東京での採血の結果ビタミンDガ不足しており、サプリメントを勧められました。ビタミンDは食事ではなかなか十分な量を接種出来ないので、サプリメントで補うことをおすすめします。

ちなみに、意外にビタミンDを置いていないドラッグストアが多いです。買い足さなきゃ!と思っている時に買えないので結構困りますね(汗)

某有名不妊クリニックで取扱・販売しているビタミンDサプリメントが、ネイチャーメイドのビタミンDと同じ成分ということをきき、私はネイチャーメイドのビタミンDサプリを愛用しています。

ビタミンE

卵子の質向上と血行促進!ビタミンE

ビタミンEにある抗酸化作用には「サビ落とし」の効果があり、卵子の質の向上が 期待できます。

また、ビタミンEは血行を良くする効果があり、赤ちゃんのベッドとなる子宮内膜の環境が良くしたり、精子の状態を改善する効果も期待されています。移植時にデフォルトでユベラ錠50mg(医薬品:ビタミンE成分)を処方するクリニックもあるくらいです。これは妊活中は摂っておくしかないですね!

経験上、ビタミンEも意外に置いていないドラッグストアが多いです。買える時にストックしておくのがおすすめです。

乳酸菌サプリメント(フェミラクト)

女性のための乳酸菌

最近では、免疫機構が着床に大きく関わっているとのことで、腸内環境、膣内環境を整えることで着床率が上がるとの言われ注目されています。

クリニックによってはEMMA検査(子宮内フローラの検査)の結果にひかかると膣錠や膣内環境を整えるサプリメントを勧められるところもあります。大体2-3ヶ月ほどで効果が出ていくると言われているので、私は体外受精での移植の3ヶ月前から大鵬薬品が出している「フェミラクト」というサプリメントを始めました。

膣内の悪玉菌の増殖を抑え、膣内環境を正常に保つ働きがあります。製薬メーカーの大鵬薬品が開発しているので安心ですね。[/say]

カプセルの大きさは1.5cm程です。

この乳酸菌を含めた着床不全の検査体験談については以下にもまとめていますので気になる人はチェックしてね。

着床しない!着床障害の検査体験談

還元型コエンザイムQ10

コエンザイムQ10には2つの作用があると言われています。①細胞内のエネルギー工場と呼ばれる「ミトコンドリア」でエネルギー生産に必須の役割を果たす。②エネルギー産生時に発生する活性酸素(錆の原因)から細胞を保護する。活性酸素による酸化ストレスの増加が不妊と関連することは以前から指摘されています。また、酸化ストレスがミトコンドリアの機能を阻害し、エネルギー産生を低下させ、これが卵の成熟を阻害することがいわれており、近年ではコエンザイムQ10とオメガ3脂肪酸を内服した群がしなかった群に比較して有意差をもって妊娠率が改善したという論文も発表されています。

Antioxidant Supplement Improves the Pregnancy Rate in Patients Undergoing in Vitro Fertilization for Unexplained Infertility DOI: 10.4236/ojog.2019.91001  

https://www.scirp.org/journal/PaperInformation.aspx?PaperID=89703

また、同様の作用より男性不妊にも効果が期待できると考えられており報告されているのを見かけます。我が家では旦那さんにも亜鉛と還元型コエンザイムQ10は飲んでもらっていました!

酸化型ではなく還元型コエンザイムQ10が良い理由

コエンザイムQ10には「酸化型」「還元型」と2種類があります。もともと体内で作られるコエンザイムQ10は『還元型』。「酸化型」のコエンザイムQ10を摂取した場合、体内で「還元型」に変換しなければならなく、加齢や病気、ストレスなどにより還元型への変換割合が低下していってしまいます。なのでコエンザイムQ10を還元型として摂取すればロスなく効果が期待できます。

酸化型コエンザイムQ10は大体の店舗で扱っているのですが、還元型コエンザイムQ10はドラッグストアでも置いていない店舗が多いと感じます。なので私はネットでまとめて購入しています。

とまあ、色々とるべき栄養素がありますが、今思うことは、結婚した当初からこれらの栄養素をサプリメントなりなんなりで接種しておけば良かったな、ということです。特に体外受精をするには結構な金額がかかるので、成功させるために潰せるところは前もって潰しておく!万全の状態にしておけば良かったな、と。。でもこれからでも全然遅くないので引き続き続けていこうと思います〜。妊活している皆様に幸あれ!

薬剤師OL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です