神!コールマンバーベキュー用ガスコンロのレビュー/シングルガスストーブ120A

こんちは、ご訪問ありがとうございます。

2021年春、コールマンからバーベキュー用ガスコンロ「シングルガスストーブ120A」が発売されました!やっぱり家庭用カセットコンロとはわけが違う!!

外ご飯初心者のOLが初心者目線で徹底レビューしたいと思います!

薬剤師OL

コールマン バーベキュー用ガスコンロ「シングルガスストーブ120A」

コールマン 「シングルガスストーブ120A」特徴

見た目

コールマンらしい赤いボディ。ピッタリと収まる持ち運び便利な同色のケースボックスに入っています。

特徴

専用のOD缶を使用するタイプのシングルガスコンロ。大きなゴトクで安定感がとてもあることと、扱いやすいツマミが特徴。高さを2段階に調節できるのが嬉しい。

スペック

  • 重量:ケース込みで2.9kg(本体重量は2.3kg)
  • 収納サイズ:約31.5 x 12.5 x  25(h)
  • 耐荷重:10kg 8インチ(Φ20cm)のダッチオーブンを使用した料理が可能
  • ゴトク:20×20cm、4本アーム、ゴトクは風防との一体型。
  • 足の高さ:Hight 約37 x 23 x 23(h)cm、Low 約31x 23 x 15 (h) cmの2パターン可能
  • 最大火力:約2,150Kcal/h(2.5kw)
  • ガス消費量:170g/h
  • 燃焼時間:約3時間(470gレギュラー缶使用時)
  • 値段:8900円(税込)でした

コールマン 「シングルガスストーブ120A」レビュー

持ち運び用の箱を開くとピッタリと収納されています。隙間がほぼない!!

足(23cm)を全て開くと高さがある状態で使用できます。

足を半分折り畳むと低めでの使用が可能です。テーブルの上などは低め使用がちょうど良いです。状況によって高さを変えられるのが嬉しい!

足を半分折り畳んだ場合、右側はOD缶が支えとなります。

河原で使用してみましたが足があるため下が小石でもガタガタすることなくしっかりとした安定感。家庭用カセットコンロとは違いアウトドア用に考えられ作られていますね。つまみもスムーズでとても滑らか!

内径20cm、高さ6cmの深めのフライパンを使用してもとても安定していました。20×20cm、4本アームのゴトクは優秀ですね。ダッチオーブンも使用できるらしいです。ゴトクは風防との一体型のため多少の風で火が消えることもありませんでした。火力も十分です。

ちなみに今回使用したフライパンはこちらの直径20cmのエバニュー(EVERNEW) アルミフライパンラウンド#20」

コールマンバーベキュー用ガスコンロ/シングルガスストーブ120A 総評

良い点・家庭用カセットコンロとの違い

  • 専用のBOXに入って持ち運びしやすい。
  • 高さが2段階あり使用勝手が良い。
  • 20×20cm、4本アームで安定。ダッチオーブンも使用できるらしい。
  • ゴトクは風防との一体型で風に強い。
  • 火力も申し分ない。

気になった点

  • 専用のOD缶が必要になる。
  • 色のバリエーションがない。

総じてかなり優秀なバーベキュー用ガスコンロです。値段もお手頃で、使い勝手がとても良いので持っていて損はない商品だと思います。やはりアウトドアメーカーということもあり、家庭用カセットコンロとは違い、しっかり外で使いやすい用にできています。ソロキャンパーやファミリーキャンプのセカンドバーナーとしても◎

外で使用するガスコンロをお探しの方にはお勧めしたいです!

薬剤師OL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です